面接対策

面接対策

私たちが学校を卒業し、進学をする方もいれば社会に出て就職するという方など、人それぞれの道があります。就職・転職を初め、進学でもそうですが、入社入学にあたりそのためには企業や学校などで「面接」という道を通らなければいけません。

面接はとても大切であり、避けて通ることはできません。私たちの人間性や自分の個性を相手先に紹介する大事な面談になります。ここでは、どのようなポイントをおさえておくと良いのか面接対策について紹介します。

ある、3つの要素を変えるだけで、周りの態度が豹変し、なぜか収入まで上がってしまったビジネススーツの選び方があります
www.goldensuit.info
新卒者・転職者でも効果が得られるノウハウ。90日間実践して、採用ゼロなら全額返金!
sel.boo.jp
人間関係に一ミリでも嫌気がさしているあなたへ〜新しい人間関係を引き寄せる方法〜
next-communication-secret.greenshiy.com
戦略的思考で、学歴なし、ネタなし、実績なしの凡人学生でも志望企業から内定を勝ち取る
shu-katsu-navi.jp

面接の重要さ

先ほども紹介しましたが、なぜ面接をする必要があるのかわかりますよね。面接は、経歴を紹介するだけではなく、自分自身の良さや特徴をおおいにアピールし、働きたい!という意欲を伝えなければいけません。自分にしか持っていないものを企業先にどんどんアピールして見せていこう!

面接で伝えよう!

面接は論文やスピーチではありません。面接は会社にとって、将来的に期待できる人材、企業が求めている人材を探すために行います。ですから、面接ではあなたの働きたい!という意欲を相手に伝えなければいけません。面接の内容も、長々語るような内容ではなく、簡潔になおかつきちんとわかりやすく濃い中身の内容を、そして、どれだけこの企業で働きたいという信念を、目や声、動作など全てで表現をすることが大切です。

採用側の判断

企業があなたを採用するかにあたっては、いくら丁寧に細かく記入した履歴書でも、採用の合否は面接でほぼ確定します。絶対この企業で働きたい!絶対に私が勝ちとってみせる!この強い意志と、挑戦したい!という気持ちをいかにアピールできるのか、自分の持っている能力と自分自身の底力をアピールできるのか、ということを伝えるのが一番のポイントになります。

会社の特徴をつかんでおこう!

私はこういう仕事に就きたい!こういう資格や経験があるからここの会社を選びました。単にこの仕事やパソコンが好きだからこの仕事を選びました。という動機だけでは、企業側も「ただこの作業が楽で楽しいから」、「これしか仕事ができないから」「この内容の仕事だから働きたい」としか受け止めることができません。

企業側が求めているのは、
「この会社にとても興味がある!」
「その人が会社にとってもっと活力を与え、企業に将来性を与えてくれる」
そういう戦力となる人材を求めているのです。

そのためには企業について詳しく知ったり、スムーズに面接が進んだりするように、自分が
「ぜひ一緒に働かせていただきたい!この会社の為に頑張りたい!」
「この会社でしか働けません!」
という熱意や気持ちを企業に伝えなければいけません。

<企業についておさえておくポイント>

  1. 企業の特徴を知ろう(どんな商品を取り扱っているのか、どんな目的の会社なのか)
  2. 企業の取り組みについてチェックをしておこう(何に力を入れているのか、何をモットーにしているのか)
  3. 企業の将来性について(企業側が将来どのように伸ばそうとしているのか)

まずは、これらの点をおさえておこう!会社について知っておくと面接で正々堂々トークすることができます!

「自分」を企業に魅せよう!

面接で重要部分となる「自己PR」すなわち、自分について企業側におおいに魅せてあげよう!とすることです。人は見た目では絶対にその人の性格や特徴を知ることはできません。もちろん、人付き合いをしていくことでその人の良さや、あらゆる特徴を知っていくことができるでしょう。しかし、面接というのは一度きりですから、いかにそこで自分を企業側に魅せることができるかが勝負なのです。「自分」という私しか持っていない個性や特徴、そして「私」という存在をおおいにアピールしよう!